アドバンスド パッケージ

メリット ソリューション
Webコンテンツの改ざん検知 改ざん検知導入
脆弱性リスクの可視化 脆弱性スキャン
サイバー被害後の影響/原因調査の為のログを一元管理 ログ管理ツール導入
内部不正の抑止

パッケージ内容の詳細

■改ざん検知導入
サーバのファイル/ディレクトリの変更を検知して通知します。

【改ざん検知の働き】
chk

【改ざん検知導入のメリット】
不適切なコンテンツ内容を迅速に検知できます。


■脆弱性スキャン
既知の脆弱性の有無をチェックします。

【脆弱性スキャンの通信】
vulscan

【脆弱性スキャンのメリット】
既知の脆弱性を利用した攻撃を防止します。

本パッケージでは、2種類のツール(OpenVAS、Vuls)を使用したスキャンを1度ずつ行えます。
日々新たな脆弱性が発見されており、定期的なスキャンが重要です。
2度目以降の脆弱性スキャンには、月額利用料が別途必要となります。

スキャンツール 月額利用料
OpenVAS 5000円/サーバ
(両方のツールを利用できます)
Vuls

 


■ログ管理ツール導入
「誰が、いつ、どこから、何を、どうしたか」をログに記録し、被害後の詳細調査を行える環境を整備します。

【ログの集約管理】
log-mgmt

本対応には、ログ管理サーバ1台の追加が必要です。
こちらはお客様にてご用意をお願い致します。

【ログ管理システム導入のメリット】
ログを集約管理することでシステム横断的な調査を行えます。
ログ管理体制を社内に公開することで内部不正の抑止力にもなります。

本パッケージでは、基本的なログのみ収集対象とします。
その他のログの収集については、別途オプション料金が必要です。

 

適用イメージ

【適用前】
adv-b

【適用後】
adv-a

 

導入料金(税別)

1,300,000円

ログ管理の収集ログ対象の追加には、別途オプション料金が必要です。

既に対策済みで、本パッケージの一部を除外してお申し込みいただく場合には除外内容に応じて割引致します。

 

保守料金(税別)

保守対象 時間帯 料金
平日 10:00 – 19:00 100,000円/月
平日・休日・祝日 平日 10:00 – 19:00
休日・祝日 10:00 – 15:00
150,000円/月