インフラアーキテクチャ策定支援

クラウドサービスが発達し、ITインフラストラクチャ(IT基盤)の選択肢は飛躍的に増えています。

【かつて】
・サーバ、ネットワークなど全て自前
・オフィスとデータセンタは専用の回線で接続
・1つの用途(Webサーバやデータベースサーバ)ごとに1(物理)サーバ

という時代から、

【現在】
・オンプレミス(自己所有)とクラウドの併用
・IaaS、PaaS(IT基盤のみクラウドサービスを利用し、アプリケーションは自前)とSaaS(アプリケーションも含めたクラウドサービス)
・拠点間ネットワークの選択肢の拡大(専用線、広域イーサネット、IP-VPN、インターネットVPN)
・VMwareやHyper-V(Windows)によるサーバの仮想化、Docker用によるアプリケーション実行基盤のコンテナ化

などを組み合わせた自由で低コストな時代に移りました。

しかし、選択肢が増えたことで、非常に複雑にもなっています。
また、今後の変化も速いため、せっかくのIT投資が無駄になる危険も高まっています。

そこで、ProSolの インフラアーキテクチャ策定支援 がお役に立ちます。

豊富な経験と、最新のITインフラの技術をもったProSolのITインフラアーキテクトが、

・投資対効果
・システムの信頼性、安定性
・パフォーマンス
・セキュリティ

を考慮して、貴社に最適なITインフラアーキテクチャを策定致します。

【サービスフロー】
・現状調査
・事業特性や企業特性に基づいて目指すべき理想のITインフラの設定
・コスト削減効果の試算
・現状とのギャップの分析
・3年、5年などの期間で、ギャップ解消の計画(フェーズ別ステップアップ)を計画