標的型攻撃対策

最も巧妙なサイバー攻撃、「標的型攻撃」

サイバー攻撃の中で最も巧妙な攻撃は、標的型攻撃です。「サイバーキルチェーン」という、企業を陥れるため、段階別に様々な攻撃方法で侵入を試みます。
標的型攻撃の特徴として、企業の取引先に成りすましたり、思わず開いてしまいたくなるような、マルウェアを仕込んだメールを送り、侵入を試みます。

「アンチウィルスを入れているから安心」

「メールはプロバイダのスパム対策を利用しているから安心」

標的型攻撃は、じっくりと時間をかけて、ターゲット企業を陥れるため、単体のセキュリティ対策では対応が困難となっています。

サイバー攻撃の対象は中小企業

「クラッカーの攻撃対象は大企業だけ」というのは思い込みで、ビジネスの規模に関係なく、攻撃しやすい中小企業から攻撃を仕掛けてきます。

攻撃者は、中小企業がセキュリティ対策にリソースをかけられないこと、大企業と取引していることを十分承知しています。

大企業を陥れるために、まず中小企業から陥れます。当然、侵入され踏み台とされた中小企業からも重要情報をかすめ取ります。

このような高度な標的型攻撃対策は、多層防御の観点で防ぐ必要があります。

コストを抑えて多層防御できるUTM

UTMは、セキュリティ予算が限られた中小企業でも、ファイアウォール、ゲートウェイアンチウィルス、アンチスパム、Webフィルタリング、IPS、サンドボックスなど各セキュリティ機能を駆使して、さまざまな攻撃を仕掛けてくる標的型攻撃から企業を守ります。