BYOD対策、モバイルデバイス対策

中小企業、中堅企業に必要なBYOD対策、モバイルデバイス対策

スマートフォンやタブレットをはじめとしたモバイルデバイスが一般化し、ビジネスシーンでの活用が進んでいます。
また、個人が所有しているPCを仕事用として業務に活用するBYOD(Bring Your Own Device)BYODは、社用PCを用意することがないため、コスト削減効果があり、導入する企業が増えています。

モバイルデバイスやBYODを、外出先や自宅から使用することで、ビジネスの効率化が図られ、生産性も向上します。

プライベートとの境界を保つことが課題

しかし、BYODは、個人PCを使用するため、プライベートとの境界を保つことが課題となっています。
加えて、外出先などからアクセスするケースが多くなりますが、社内ネットワークへアクセスする回線やアクセスポイントが必ずしも安全とは言い切れないケースもあります。
社内での対策よりも、使用する端末の管理方法が必要となります。

UTMでも可能なBYOD対策、モバイルデバイス対策

UTMなら、BYOD対策、モバイルデバイス対策が可能です。

デバイス認証といった認証機能により、いつだれがどの端末でログインしたか、確認できます。
ルート取得やjailbreakされたデバイスからのアクセスを防ぎ、不審なアプリケーションをダウンロードしているデバイスをブロックします。
企業のセキュリティポリシーに忠実に運用されているBYOD、モバイル端末からのみアクセス許可されます。