セキュリティコスト削減

セキュリティ対策の課題、「コスト」

サイバー攻撃は年々増加しており、手口も巧妙化し、ファイアウォールを設置して、PCにアンチウィルスを導入するだけのセキュリティ対策では追い付かなくなっています。
セキュリティ対策の肝は、多層防御です。
ポートスキャンにはファイアウォール、マルウェアにはアンチウィルス、不正な通信にはWebフィルタリング…など、機能別に製品を導入し、管理する必要があります。
しかし、多くの中小企業では、情報セキュリティ対策にコストをかけることができません。

オールインワンセキュリティでコスト削減

UTMには、企業が必要なセキュリティ機能がすべて入っています。
ファイアウォール、アンチウィルス、Webフィルタリングなど個別に管理・運用が必要な機能を1台に集約することで、セキュリティにかける管理コスト、運用コストを削減できます。

セキュリティにコストはかけられない、だけど対策はしっかりしたい。
UTMは、コスト削減とセキュリティ対策の両立をしたい企業にお勧めのソリューションです。

主なセキュリティ機能

  • ファイアウォール
  • IPS(不正侵入防止システム)
  • VPN
  • ゲートウェイアンチウィルス
  • アプリケーション制御
  • Webフィルタリング
  • アンチスパム
  • モバイルセキュリティ
  • アンチボットネット
    ボットと呼ばれるマルウェアの監視・検出・駆除に特化したセキュリティ対策ソフトウェア。
  • DLP(情報漏洩対策)
    企業に保管されているデータの機密性や重要性を自動的に識別し、ネットワークを介して外に持ち出そうとする行為(メール添付、USBへの保存など)を検知すると、遮断する機能。
  • 標的型攻撃対策(サンドボックス)
    「攻撃されてもよい環境」を仮想環境として構築し、その中で未確認ファイルや疑わしいファイルを隔離した上で動作させ、振る舞いを詳細に分析する機能。
  • 脅威情報共有基盤
    近年のサイバー攻撃の巧妙化、複雑さに対し、犯罪者の攻撃の手口と動機を特定するための情報をクラウド上に集約・分析し、共有することでセキュリティ対策に役立てる仕組み。