内部不正、誤操作対策

情報漏洩の多くは従業員から

企業の情報漏えいは、外部からの攻撃だけではありません。実は、企業の情報漏洩の8割は、内部不正と誤操作というデータがあります。
管理者権限を所持している従業者、委託ベンダーなどにより、立場は異なりますが、誤って重要な社外秘資料をメールで送ってしまったり、故意に行われてしまう事例が多々発生しています。

UTMで内部不正、誤操作対策

UTMには、社内の機密情報の漏えいや内部不正を防ぐ、DLP(Data Loss Prevention)機能が備わっています。

DLPは外部に送信されようとしているテキスト本文や添付されたドキュメント内をスキャンし、パターンマッチング方式で特定のキーワードを含む情報が外部に送信されないように未然にブロックする機能です。
企業内ネットワークから外部ネットワークへの個人情報や機密情報の漏えいを防止し、コンプライアンスを強化します。