マルウェア感染対策を重点的に強化

マルウェア感染対策を重点的に強化

クライアント数が数名~50名程度までの小規模オフィスでの導入イメージです。

業務効率が優先される企業では、セキュリティによって業務効率が低下することで、業績悪化する懸念もあります。
必要なセキュリティ対策のみ有効化して、ネットワークスピードや効率を下げないよう設計する必要があります。

そこで、UTMでは、ゲートウェイアンチウィルスやWeb/メールフィルタリング機能を有効化し、PC端末側でもアンチウィルスソフトを動かし、アンチウィルスのダブルチェックで対応します。

メリット

マルウェア、ランサムウェア検知率が上がります。
Webフィルタリング制御で、業務に関係のないサイトをブロックし、ウィルス感染率を下げることができます。

デメリット

一部の機能を無効化するため、リスクアセスメントを行なったうえで、リスク受容をする必要があります。