クラウドで集中管理

クラウドで集中管理

クライアント数が数名~数百名規模までの各拠点及び本社での導入イメージです。

各地に営業支社があり、本社、各拠点、営業社員のモバイル端末をインターネットVPN接続で行っている場合、拠点ごとにインターネット接続を行っているので、各拠点やモバイル端末にも本社レベルのセキュリティが必要となります。
本社で各拠点にあるUTMをクラウドを使って一元管理し、運用リソースを最小限に抑えることができます。

メリット

クラウド上で各拠点のUTMを管理することで、拠点の担当者が不要となり、運用コストが削減できます。
VPN機能、モバイルセキュリティで、デバイス制御が可能となり、BYODのリスクを低減できます。

デメリット

各拠点にUTMを導入する必要があります。
インターネット経由でUTMを管理するため、リスクがあります。