Windows Server 2019 Hyper-V

Microsoft Hyper-V
サーバーマシンの効率的利用でハードウェア投資を抑制する

Hyper-Vとは?

Hyper-Vとはマイクロソフト社のサーバー仮想化技術で、Windows Server の一部として仮想化プラットホームを提供。仮想化の導入により、企業におけるアプリケーションの展開およびライフ サイクル管理の柔軟性が向上します。仮想化技術を使うことで、サーバーの無秩序な増加を抑え、ハードウェアを効率的に利用できるようになります。

Hyper-Vの魅力

サーバー仮想化のための製品は複数のベンダーからリリースされており、その中でもHyper-Vは多くのシステムに導入されています。

1TCO(Total Cost of Ownership)の削減

Hyper-V導入による仮想化は、ハードウェア使用率の最適化を実現し、アプリケーションを含む、ライセンス料金を始めとする初期コストを抑えることができます。また、既存の Windows Server スキルがそのまま使えますので、新たに教育・研修を行う必要はありません。さらに、導入済みのWindows Server機能が利用できますので、TCOが削減されます。

2可用性の向上

Hyper-Vの仮想化技術は、サービス中断を最小化し、ビジネスの継続性を高めます。場所と時間に制限を受けないアプリケーションの利用は、システムの可用性を一段と高めます。

3情報システムの全領域をカバー

Hyper-Vによる仮想化は、デスクトップからデータセンター、そしてクラウドまでのように、広範囲をカバーしています。また、Hyper-Vは "使い慣れた Windows" なので、既存の知識が利用できます。従って、新しいスキル習得のために、貴重なリソースおよび時間を費やす必要はありません。

Hyper-Vのアーキテクチャ

Hyper-V アーキテクチャ
Hyper-Vを使用することでシステム負荷を統合し、サーバーマシンの増大を抑制できます。さらに、高い可用性と迅速な障害回復を実現するために、クラスタリング技術を利用した仮想化も実現できます。

サーバー導入についてのお問い合わせはこちら

おすすめの記事